骨粗しょう症外来

  • HOME > 
  • 骨粗しょう症外来

秋田市/骨粗しょう症検診

当クリニックは秋田市が認定した「検診実施医療機関」です

令和4年度の骨粗しょう症検診は、6月から開始しています。

ご希望の方は、当ホームページの「24時間/WEB予約」をご利用ください。

検診の対象者

以下の条件をすべて満たす方が対象となります。

  • 秋田市に住民票がある方
  • 勤務先などで骨粗しょう症検診を受けていない方
  • 40歳/45歳/50歳/55歳/60歳/65歳/70歳の女性(令和4年度中に迎える年齢)

    ※ 現在、骨粗しょう症で治療中の患者さんは対象外です。
    ※ 現在、経過観察中の患者さんは、かかりつけ医にご相談ください。

    検査が無料となる方
    • 70歳の方
    • 世帯全員の市民税が非課税の方
    • 生活保護世帯の方
    • 支援給付を受けている方

    以上に該当する方は、無料で検診を受けることができます。

    その他の詳細情報
    • 検査内容
    • 検査当日の持ち物
    • 検査料金

      については、秋田市のホームページをご覧ください。

      骨粗しょう症検診の重要性

      加齢と共に老化する「骨」

      私たちの体は加齢によって老化していきます。もちろん「骨」も例外ではありません。加齢と共に骨量は減少し、次第に脆くなっていくことで骨折のリスクが高まっていきます。

      骨粗しょう症が怖いのは、単に「骨折しやすくなる」というだけではありません。例えば、転倒して脚の付け根を骨折してしまうと、要介護・寝たきりになってしまうことが多くなります。実は女性の要介護・寝たきりの原因の約15%は、骨折・転倒によるものであるというデータがあります。(厚生労働省データ)

      脚だけではなく、腰や脊椎の圧迫骨折も、強い痛みによって日常生活は困難となります。数ヶ月以上痛みが続くことは少なくありません。

      将来、健康寿命が短くなってしまうことを避けるためにも、骨粗しょう症を未然に防ぐことが重要です。

      骨粗しょう症の早期発見

      骨粗しょう症はとても静かな病気です。骨折をすればもちろん痛みとして自覚症状はありますが、普段の生活の中で、骨密度の低下を感じることはありません。
      骨の状態を把握し、病気を早期発見するために、秋田市や職場で行われている検診(健診)をしっかりと受けることが大切です。

      骨粗しょう症検診で行われる骨の検査は、こうした骨粗しょう症の治療が必要かどうかを判断するための重要な検査です。当院では、骨密度を測定するための高品質・高性能な機器を導入しております。測定時間も数秒で完了する手軽な検査です。

      ご希望の方は、当ホームページの「24時間/WEB予約」をご利用ください。

      保険診療による骨密度測定と治療

      骨密度測定

      骨密度測定|秋田市当院では、骨密度検査の基準であるDEXA (デキサ)法と呼ばれる検査方法で測定を行います。

      保険診療での検査が可能

      秋田市が実施する骨粗しょう症検診の対象外の方、また乳腺疾患外来でご来院された方も骨密度の測定ができます。

      加齢による骨変形を受けにくい前腕骨(ひじから手首までの骨)の骨密度を測定します。検査時間はわずか15秒程度です。すぐに測定は完了しますので、気軽に検査をしていただくことができます。

      骨粗しょうの治療

      骨粗しょうの治療では、主に薬物療法が選択されます。

      処方するお薬には、

      • 骨を作る働きを高める薬
      • 骨を壊す働きを抑える薬
      • 骨の作り替えのバランスを整える薬

      があります。

      患者様のお体の状態に合わせて処方いたしますので、くれぐれも医師の指示なしに途中で治療を中断しないように注意しましょう。

      TOPへ戻る
      初めて受診される方へ 初めて受診される方へ     WEB予約 WEB予約      WEB問診 コロナウイルス対策