乳がんと治療

  • HOME > 
  • 乳がんと治療

乳がんの治療

乳がんとは?

腫瘍は良性腫瘍と悪性腫瘍に大別され、「がん」は悪性腫瘍のうちの一つです。乳がんは原則「乳腺組織」に発生しますが、約9割は乳管(にゅうかん) に発生し、残り約1割は小葉(しょうよう) に発生します。

治療方針にかかわる重要なポイント「組織型」

 「治療方針の決定に重要なのが「組織型」です。

がん細胞が乳管内(あるいは小葉内) に

  • 内部に留まっているがん(非浸潤がん:ひしんじゅんがん)
  • 基底膜を破って外部に拡がっているがん(浸潤がん:しんじゅんがん)

上記のいずれかを診断します。

※ 拡がることを浸潤(しんじゅん) といいます。

非浸潤がんの治療

浸潤していない場合は、手術で取りきることが重要です。

浸潤がんの治療

浸潤を伴っている場合、乳管(或いは小葉) の外部に存在する血管やリンパ管に、がん細胞が入っていく(脈管侵襲といいます)可能性があります。
がん細胞が血管内に入った場合、血流にのって全身に回ってしまいます。

つまり、浸潤がんは全身病と考えなければならず、治療の基本は全身治療、即ち薬物療法となります。転移を抑制することに寄与します。

乳がんに対する治療

乳がんに対する治療は、

  • 非浸潤がんか浸潤がんのどちらであるか
  • 転移を伴っていないのかいるのか
  • 乳がんの腫瘍特性(サブタイプといいます)がどのタイプか

を考慮して考えます。

診断及び浸潤の有無

針生検により腫瘍組織を採取し、顕微鏡的診断(病理組織検査) によって診断されます。

がんの種類\治療法 薬物療法 手  術
非浸潤がん 原則不要 必要
がんの種類\治療法 薬物療法 手  術
浸潤がん|他臓器移転なし 必要 必要
浸潤がん|他臓器移転あり 必要 原則不要

乳がん治療の種類と順番

一般的な治療方針

他臓器転移を伴わず、乳がんの腫瘍特性(サブタイプといいます) の悪性度が高い場合や、検査によってリンパ節転移が予測されるなど進行度が高い場合には、手術を前提とした術前薬物療法(化学療法やホルモン療法) が選択され、悪性度が低い、進行度が低い場合は手術が選択されるのが標準です。

当院の治療方針も同様で、一部の化学療法以外は当クリニックで診療しています。

薬物療法

乳がんの性格は、厳密には患者さんごとに「十人十色」です。しかし、臨床の場では免疫染色という試薬を用いて行う組織検査の手法によって、いくつかのタイプ(サブタイプといいます)に分類することができます。そのタイプに応じて、薬剤を選択します。

乳がんのタイプ
グループ 女性ホルモンを
餌にするか否か
 
HER2(ハーツー)
蛋白を作るか否か
Ki-67 蛋白が
高いか低いか
Luminal(ルミナール) A する 作らない 低い
Luminal(ルミナール) B する 作らない 高い
Luminal(ルミナール) B する 作る 問わず
HER2 陽性 しない 作る 問わず
トリプルネガティブ しない 作らない 問わず
悪性度の比較
グループ 悪性度
Luminal(ルミナール) A 低い
Luminal(ルミナール) B 高い
HER2 陽性 高い
トリプルネガティブ 高い

タイプ別-治療の推奨度

Luminal(ルミナール) A
治療の推奨度 化学療法 ホルモン療法
術前療法
術後療法
Luminal(ルミナール) B

※ HER2(ハーツー) 蛋白を作らない場合

治療の推奨度 化学療法 ホルモン療法
術前療法
術後療法

※ HER2(ハーツー) 蛋白を作る場合

治療の推奨度 化学療法 ホルモン療法
術前療法
術後療法
HER2 陽性
治療の推奨度 化学療法 ホルモン療法
術前療法
術後療法
トリプルネガティブ
治療の推奨度 化学療法 ホルモン療法
術前療法
術後療法

術前化学療法の効果

症例:右局所進行乳がん

悪性度が高く、リンパ節転移を伴う状態に対し、術前化学療法を行った患者さんの画像です。その結果下記画像にように腫瘍の縮小を認めました。即ち、腫瘍の縮小により全身に播種している可能性のあるがん細胞に対しても、同様の効果があるものと推測されます。

化学療法前の乳がん

化学療法の効果により縮小した乳がん

当クリニックの乳がん手術

日本乳癌学会 専門医の院長による執刀

当院は入院・手術設備を併設しないため、当院院長の担当・執刀でご了承頂いた患者さまについては、共同診療(連携) 施設である秋田赤十字病院にて手術をおこなっております。

術式については、患者さまの病状やご希望をお聞きしながら時間をかけてご提案させて頂いております。

院長及び当院手術業績についてはこちら(診療業績)をご覧ください。

当院の手術方針

乳がんの手術術式は以下の二つに大別されます。

1. 乳房部分切除術(乳房温存術)

腫瘍とその周囲だけを切除し、残りの乳房を温存する手術です。
乳がんの手術適応と判断した場合、まずは乳房部分切除が可能か否かを検討します。極論、乳房部分切除はいかなる場合も可能ですが、当院の考える乳房部分切除術=乳房温存術は「整容性の維持が可能か」、つまり完全に手術前と全く同様の乳房を維持することは不可能ですが、可能な限り術前に近い「見た目」が維持できる場合に乳房部分切除術=乳房温存術が可能、と判断します。その場合、乳頭乳輪の温存を通常含みます。

主な判断基準は腫瘍の部位、切除範囲と乳房のボリュームの関係、等であり、皮膚切開(縫合部) についても極力目立たない・目立ちにくい・将来目立ちにくくなるような方法を原則としています。

術後の局所再発(手術で残した乳房に、がんが再発すること) のリスク軽減目的に温存乳房に対する放射線照射が標準治療として通常適応となります。  

乳房部分切除術(乳房温存術) 外側の場合

 

乳房の外側、正面視では見えない位置に皮膚切開(きず) を置きます。
上記のように比較的広い皮下剥離を行いますが、部分切除後の欠損部を充填(埋め合わせ) しやすくなる、即ち欠損部の直上の皮膚の落ち込みを最小限にできる=乳房の整容性の維持(可能な限りの見た目の維持) という利点があります。
概ね上図のように欠損部の埋め合わせを行います。

 

乳房部分切除術(乳房温存術) 内側の場合

 

乳輪周囲に皮膚切開(きず) を置くことが多く、時間の経過とともに縫合線が目立ちにくくなることが多いです。
内視鏡を併用して上記の如く広範囲の皮下剥離を行うことにより、部分切除後の欠損部を極力充填(埋め合わせ) する工夫をしています。
概ね上図のように欠損部の埋め合わせを行います。

 

乳房部分切除術(乳房温存術) 下方の場合

 

乳房下方の場合、部分切除後の欠損部をそのまま充填(埋め合わせ) しても、引き連れを伴ってしまうことが多く、術後経過とともに顕著となることがあります。
皮膚切開は長くなりますが、乳房の下溝線(アンダーバスト)に隠れる位置に皮膚切開を置き、上方腹部の皮下脂肪組織を処理し(有茎脂肪弁といいます)、欠損部に組み入れる工夫を行っています。
概ね上図のように欠損部の埋め合わせを行います。

 

2. 乳房切除術(乳房全摘術)

乳房部分切除術が適応とならない方、全摘をご希望する方が適応となります。
乳房再建は乳房切除後でも可能ですが、乳頭乳輪・乳房皮膚を温存するご希望をお持ちの場合、乳頭乳輪温存皮下乳腺全摘術の選択肢もございます。

乳房再建については秋田赤十字病院 乳房再建担当医と連携し、患者さまとご相談の上、決定しています。

乳房切除術(乳房全摘術) の場合

 

定型的な全摘の方法です。温存術が適応とならない場合、患者さんが希望する場合に行います。
術後は平坦な状態となります。
乳房切除術(乳頭乳輪温存皮下乳腺全摘術) の場合

 

外側の皮膚を切開し、乳頭乳輪を含め乳房皮膚全体を残す術式です。
皮下剥離線と大胸筋前面の剥離線の間を切除します。
術後は平坦な状態となりますが乳頭乳輪は残すことができます(皮膚は切除しません)。

乳がん手術後の定期検査

再発の場合も、早期発見が重要

10年以上たってからの再発も多い乳がん

乳がんの再発・転移への対策にCTドック|秋田市いなば御所野乳腺クリニック手術によってがんを切除し、放射線療法や薬物療法をした場合でも、がんが再び発生してしまうケースがあります。これは、目では確認できないほどのがん細胞が、これまでの治療を逃れて残ってしまい、増殖してしまうためです。

がんは手術から5年以内の再発が多いとされていますが、乳がんはがん細胞の増殖が比較的ゆっくりであるという特徴から、10年以上経過しても再発のリスクがあります。

乳がんの再発は、

  • 局所再発
  • 遠隔転移

の2つに分類されます。

再発・転移の分類
局所再発

手術した側の乳房やリンパ節に発生するがん

遠隔転移

他の臓器(脳、骨、肺、肝臓など)に発生するがん

手術後のフォローアップ

CTドック|秋田市いなば御所野乳腺クリニック乳がんの再発・転移はさまざまな場所で発症し、その症状も人それぞれ異なります。中には無症状の方もいらっしゃいますので、定期的な検査がとても重要です。

当クリニックでは、術後も

  • 血液検査
  • マンモグラフィ
  • 超音波検査

などの検査に合わせて、CTによる全身検査も実施しながら、術後のフォローアップを行なっています。

長く続く痛みや不調に注意を

がんはゆっくりと進行するため、がんが起因する痛みであれば、一度あらわれた症状がふと消えることは考えにくいとされています。「突然、痛みを感じて、しばらくしたら症状が落ち着いた」というケースは、がんではない他の原因を疑う場合が多いです。

とくに注意していただきたいのは「長く続く痛みや違和感」です。

  • なんとなくだるいと感じる症状が1〜2週間続いている
  • 強い痛みではないが、長く痛みが続いている
  • しこりや腫れのような症状がみられる

以上のような状態が見られる場合は、再発を疑って早めに受診しましょう。

TOPへ戻る
初めて受診される方へ 初めて受診される方へ     WEB予約 WEB予約      WEB問診 コロナウイルス対策